FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > G線上の魔王 最後のまとめ感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://pkmk.blog83.fc2.com/tb.php/164-4878e82c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from pkmkぶろぐ-吐かせろ

Home > スポンサー広告 > G線上の魔王 最後のまとめ感想

Home > ゲームレビュー > G線上の魔王 最後のまとめ感想

G線上の魔王 最後のまとめ感想

長々とすいませんでした。

感想と称し6回もかきつづけていました。

これで最後です、ほんとすいません。


まず、僕は点数をつけるつもりはありません。

感動するところや好きなところ、腑に落ちないところはそれぞれですし、
僕自体の思考が幼稚なので、点数をつけるに値する人間ではありません。

過去に別の作品のレビューでつけたことがあるかもしれませんが、
そのころはもっと幼稚だった、それだけのことです。

あかべぇそふとつぅさんのG線上の魔王を購入しましたが、
”やってやった”わけではありません。
ぼくはあくまで、恐縮ながら”やらせていただいてる”のですから。


では、まとめます。

以下ネタbry

http://www.akabeesoft2.com/main.html




感想です。
○ストーリー・シナリオについてですが
僕はいままでにやった作品で一番楽しめました。
といっても、エロゲ自体頻繁にするわけではないのですが・・・。
人の裏が見れて、悪がみれて、汚い所が見れて
それでも転がっている優しさが1つ
それから、今までやったことのなかった”卑劣な事件”というものが
臨場感にあふれていた、といいますか、エキサイティングでした。

そして、しっかり盛り上げるときは盛り上げ
泣かせるときには感動をしっかりと。
かつ笑いもありで、よかったと思います。
栄一とKAMIの部活、それからうさみんのハイセンスなジョークがよかった。

悪いところですが、強いて言うのであれば、先が読みやすいこと、ですかね
展開がわかってしまうということが度々あったかなと思います。

あと、個別にみると、3章花音編が盛り上がりにかけたかな?とおもいます。
そのほかは特に悪い印象なく、5章最終章がやはりピークでよかった。


○キャラですが、有葉先生さすが売れっ子
段々とさらにうまくなってるように感じます。
一見(体験版前)では花音かわいいなあと思っていましたが
さすがのメインヒロイン
普段ひょうきん、そして時には鋭いハルのギャップが
あの恥じらいがよかった!
そして続くのが椿姫と水羽、順位をつけがたいです
結局花音はあまり思い入れがありませんでした。
どのキャラもかわいさがあり、個性がありでよかったです。

ここも強いて悪いところをあげるなら、男キャラですかね
性格とかではなく、CG的にです。
特に気になったのは、京介の過去の回想のときの座っている京介の脚
それと、権三がしぬときの表情、ですかね
萌え絵がいい有葉先生ですが、男キャラの絵画がなぁ、とおもいました。


○BGM、歌ですが
もともとクラシックが好きなので、他のゲームにくらべてBGMに愛着がありました。
特に評価したいのは、メニュー画面の”G線上のアリア”ですね。
やった人は気づくと思いますが、1章クリアするごとに楽器の音が増えていって
全部クリアしたときに初めて”G線上のアリア”が完成するようになっています。
半分小ネタ状態ですが、僕はそこがすごく気に入りました。

歌のほうですが、彩音さん、僕大好きです。
最後の取り調べのときにかけたのもよかった。

ただひとつ、最終章の題名”春”でした。
なので、最後の最後ムショからでてきた感動のシーン
あそこでヴィヴァルディの「四季」の春 をアレンジしてかけてほしかった。
そこまで”春”という単語にこだわってほしかったです。


○システム・・・ですが
そもそもシステムに疑問をもったことがありません。
特に問題なかったです、よかったです!


○最後に少し強調していいたいこと
・まず1つ、すでに書きましたが
メニュー画面でのG線上のアリアが1章おわることに完成していく
あれがすごく気に入ってます。

・最後の京介とハルの娘の名前
ぼくは”ハルカ”と予想をたてましたが
ハルとかぶるなあ・・・と正直思ってるので、思いつきません。
これは”ファンディスクに期待”でいいんでしょうかね・・・?
それと最後のラストシーン
どうせなら、25をすぎたハルの顔と京介の泣き顔もみたかったです。
3人がうつってるCGで最後をむかえたかった。

・そして、少し納得いかないこと
ハルは魔王によってトラウマでヴァイオリンがひけなくなりましたが
京介が獄中のときにミフネハルカとして復帰しました。
もう弾けるのでしょう?
ならば、終わる前にハルの演奏するG線上のアリアがあってくれてもいいじゃないですか。
ハルが弾くヴァイオリンを一度もきけなかったのが、とても残念です。
これも、ファンディスクに期待していいんでしょうかねえ・・・


ざっとこんな感じです。
今までにないはじめての、一番いい作品でした。
これからもこういうダークな雰囲気の作品を特に期待しつつ、
あかべぇそふとつぅさんを応援したいとおもっております。

幾度にわたる長い感想でした。
四日間、学校から帰っては感想をかき、寝るを繰り返してました。
本当にいい作品でした。

最後まで見てくださったみなさん、本当にありがとうございます。
ぼくもずいぶん満足しました。
これからも、もしこの作品について話せることありましたら、ぜひコメントや拍手残していってください
一緒にかたりましょうや


ありがとうございました
最後まで長文で申し訳ない、これにてG線上の魔王感想を終了します!

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://pkmk.blog83.fc2.com/tb.php/164-4878e82c
Listed below are links to weblogs that reference
G線上の魔王 最後のまとめ感想 from pkmkぶろぐ-吐かせろ

Home > ゲームレビュー > G線上の魔王 最後のまとめ感想

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。